ビデオエフズ名古屋の出張ビデオ撮影

イベント動画撮影

詳しく »

ビデオエフズ名古屋の結婚式ビデオ撮影

結婚式ビデオ撮影

詳しく »

ビデオエフズ名古屋の動画編集

プロの動画編集

詳しく »


ビデオエフズ名古屋の出張写真撮影

スナップ写真撮影

詳しく »

English Page

English Page

GO »

映像制作フォロウショット

法人のお客さま

GO »


動画制作サービス業務の詳細

目次

お申し込みまで
ウェブサイトの内容
お見積りの有効期限
お申し込み
お打ち合わせ

撮影業務
撮影拘束時間とは
撮影拘束時間が単位時間を超える場合
マルチカメラでの収録
スタッフ
交通費・出張料金
悪天候下の屋外撮影
キャンセル
免責事項

編集業務
編集料金の計算法
編集に使用できない楽曲など
編集の立ち会い
編集の指示
テロップ用テキストの支給
【重要】編集業務における「修正」と「再編集
免責事項

納品とお支払い
納品までにかかる期間
DVD/Blu-rayのケース
トールケース+ジャケット・レーベル(盤面)印刷をご要望の場合
送料
料金のお支払い
撮影/納品データの保管

お申し込みまで

ウェブサイトの内容

本ウェブサイト記載の料金や業務内容は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

  

お見積りの有効期限

メールでお知らせするお見積りの有効期限は、送信日より2週間です。

  

お申し込み

お名前とご住所(納品・請求先)を明記の上、メールでお申し込みください。

撮影の場合:
撮影日時・撮影場所を必ずお書き添えください。

編集の場合:
全素材および編集指示書・テロップ用テキスト(下記「編集業務」参照)をご支給いただいた時点で、お申込みの成立とさせていただきます。

  

お打ち合わせ

原則として、記録が残るメールでのやりとりをお願いしております。

撮影業務

撮影拘束時間とは

撮影料金は「撮影拘束時間」で計算します。

「撮影拘束時間」とは、お客さまから依頼された撮影を行うために、カメラマンが撮影現場に拘束される時間(撮影前の準備時間と撮影後の撤収時間を除く)のことです。

具体的には、お客さまや撮影現場の都合による「待機時間」「空き時間」なども、「撮影拘束時間」に含まれます。

したがいまして、「撮影拘束時間」は「撮影時間(お客さまが撮影をご希望されるイベントや出し物等の開始から終了までの時間)」よりも長くなることがございます。

例1:1時間のイベントが2回行われ、間に30分の休憩がある場合、カメラマンがそれを撮影する際の「撮影拘束時間」は2時間30分となります。

例2:会場(またはお客さま)の都合で、カメラマンがイベント開始の1時間前に会場入りしなければならない場合、その1時間から撮影準備のための30分を引いた残りの30分が「撮影拘束時間」に加算されます。

例3:お客さまがカメラマンに、撮影現場での打ち合わせやリハーサルの見学をご要望される場合、それに要する時間も「撮影拘束時間」に加算されます。

  

撮影拘束時間が単位時間を超える場合

本ウェブサイト記載の料金は「撮影拘束時間」が単位時間(連続した3時間(結婚式撮影は5時間))以内である場合の料金です。

「撮影拘束時間」が単位時間を超える場合は、具体的なご依頼内容(撮影の難易度や待機時間の長短など)をふまえてお見積りを出させていただきます。30分2,500円から5,000円が目安です。お気軽にお問い合わせください。

  

マルチカメラでの収録

マルチカメラでの収録(カメラ2台以上での収録)をご要望の場合、単位時間1台(無人小型固定HDカメラ)あたり15,000円からのご相談となります。

業務用カメラを追加する場合は同時にカメラマンの増員ともなりますので、具体的なご依頼内容をふまえて別途お見積りさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

  

スタッフ

カメラマン以外に、照明スタッフ、録音スタッフ、撮影アシスタント等が必要な場合は、別途お見積りさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

  

交通費・出張料金

撮影現場が名古屋市以外である場合、料金に「交通費+出張料金」を加算させていただきます。 計算方法は以下の通りです。

(a)有料特急を使用しない場合:
往復運賃+往復にかかる時間×2,000円
例:往復運賃1,000円・往復時間1時間半の場合/1,000円+1.5時間×2,000円=4,000円

(b)有料特急を使用する場合:
往復運賃(含特急料金)+3,000円
※往復運賃=名古屋駅から撮影現場までの移動に使用する公共交通機関の往復運賃料金の合計(100円未満切上)

  

悪天候下の屋外撮影

以下の条件下で撮影をおこなった場合、恐れ入りますが追加料金をいただきます。

(a)弱い雨(雪・あられ・ひょう等):
1,000円/15分

(b)積雪や地面の凍結:
1,000円/15分

(c)大雨・暴風等の「警報」発令下:
2,000円/15分

※カメラマンや機材の安全が確保できないと判断した場合は、撮影をお断りさせていただく場合もございます。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

  

キャンセル

(a)撮影日前日までのキャンセル:
料金はいただきません。

(b)撮影日当日/カメラマン出発前のキャンセル:
キャンセル料としてお見積り料金の20%をいただきます。

(c)撮影日当日/カメラマン出発後のキャンセル:
上記キャンセル料+交通費をいただきます。

(d)撮影途中のキャンセル:
拘束時間に応じて料金を再計算させていただきます。

  

免責事項

撮影には万全を期しますが、100%の成功を保証するものではございません。

事故や機材トラブル等、不慮の原因で撮影が不可能になった場合、料金はいただきませんが、それ以上の責任はとりかねます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

また、以下の様な場合は許容範囲としてご理解賜りますようお願い申し上げます。

(a)撮影の機械的・操作的側面において、全体的でない瑕疵があった場合(画面・音声の一時的なノイズ、場面の撮りこぼし、等)

(b)撮影・編集の主観的・表現的側面において、お客さまと当方の判断に齟齬があった場合(アップで撮って欲しかったのにロングショットだった等)

編集業務

編集料金の計算法

編集料金は、1回のご発注で素材映像をひとつの完パケ(完成映像)にするまでの、一連の編集業務(ポストプロダクション)を単位として計算します。

本ウェブサイト記載の料金は、素材映像の尺(長さ)が単位時間(2時間)以内である場合の料金です。

ご発注が複数回になる場合や、2種類以上の完パケをご要望の場合は、具体的なご依頼内容をふまえて別途お見積りさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

  

編集に使用できない楽曲など

当方とお客さま以外の第三者が著作権を有する映像・画像・楽曲等で、権利保有者から使用許可を得ていないものは編集の際使用できません。

ご自身でご判断できない場合は、事前に必ずご相談ください。特に楽曲の場合、作曲者、作詞者、演奏者、歌唱者、レコード会社全ての権利に注意が必要です。

  

編集の立ち会い

編集作業にはお立ち会いいただけません。

  

編集の指示

編集作業に先立ち、お客さまより「編集指示書」をご支給いただきます。
書き方は、お客さまの自己流でかまいません。また、大雑把でも詳細でもかまいません。

大雑把なご指示の場合、細かいところは当方の判断でオーソドックスな形に仕上げますので、安心してお任せください。

カット単位で厳密な「編集指示書」をお書きになりたい場合は、事前に具体的な書き方をお知らせいたしますので、お申込みの際にその旨お申し付けください。

  

テロップ用テキストの支給

編集作業に先立ち、お客さまより「テロップ用テキスト」をご支給いただきます。
テロップは、お客さまからいただいたword等のデータをそのままコピー&ペーストして作成いたします。

お客さまのテキストに誤字脱字等がございますと、それがそのままテロップになってしまいます。「テロップ用テキスト」作成時に十分な校正をおこなっていただきますようお願い申し上げます。

編集後の訂正には下記「再編集」料金が必要になりますのでご注意ください。なお、フォント・デザイン等のご要望は「編集指示書」にご記入ください。

  

【重要】編集業務における「修正」と「再編集」

編集作業終了後、動画ファイルまたはDVDにて内容をご確認いただきます。 ご確認後に編集をやり直す場合は、無料の「修正」か有料の「再編集」、いずれかの扱いとなります。

【編集の修正(無料)】
作業には万全を期してしておりますが、お客さまから下記のご指摘をいただいた場合は、編集作業が「不完全」であったということになりますので、無料で「修正」させていただきます。

(a)編集結果が明らかに指示書と違う場合
(b)当方のミスによるテロップの誤字・脱字
(c)映像の視聴において、ノイズ等の不具合がある場合

※「修正」後はそのまま納品となります。

【再編集(有料)】
ご確認時および納品後、お客さまから下記のご要望をいただいた場合は、「再編集」のご依頼として新たに追加料金のお見積りを出させていただきます。

これらのご要望は、編集結果をお客さまがご覧になった後、新たに生じたものですので、それに先立つ編集作業を「不完全」なものとして「修正」する理由には該当いたしません。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

(a)指示書やメールでの打ち合わせで具体的にご指示いただかなかった要素への、新たなご要望
 例1:カットの消去・追加・入れ替え・長さの変更
 例2:テロップの消去・追加・位置や文言の変更
 例3:トランジションの消去・追加・変更
 例4:BGM・ナレーションの消去・追加・変更 他
(b)当方の判断にお任せいただいた部分への、新たなご要望
(c)お客さまの入力ミスによるテロップの誤字・脱字の訂正

※なお、「再編集」の料金は1箇所につき2,000円が目安です。

  

免責事項

ホームビデオ編集の場合、お預かりしたメディアの取扱いには十分注意いたしますが、万一の破損・消去・紛失の際には責任を負いかねます。お申込みの前に必ずバックアップコピーをお作りください。

納品とお支払い

納品までにかかる期間

編集業務をおこなう場合、納品までにかかる期間は、必要な素材やデータ、及び編集指示をご支給いただいた日から最長2週間です。お急ぎの場合はご相談ください。

  

DVD/Blu-rayのケース

特にご要望のない場合、プラスチックケースでの納品となります。 トールケースでの納品は1枚につき100円の加算となります。

  

トールケース+ジャケット・レーベル(盤面)印刷をご要望の場合

DVD/Blu-rayコピーが50枚以下の場合、コピー料金総額に25,000円の加算、51枚から100枚までの場合、1枚につき500円の加算となります。コピーが100枚を超える場合は、お問い合わせください。
※デザインは、お客さまのご希望をお伺いした上での当方お任せとなります。

  

送料

宅配便(郵送)料金+梱包料金で計算します。

  

料金のお支払い

納品後1週間以内に指定の銀行口座にお振込みください。
振込手数料はお客さまがご負担ください。

  

撮影/納品データの保管

撮影データは撮影後2ヶ月間、納品データ(DVD・Blu-ray・動画ファイル)は納品後6ヶ月間当方で保管いたしますが、それ以上の保管は保証いたしかねます。

お客さまからご支給いただいた素材データ等は、当方では保管いたしませんのでご注意ください(お預かりしたメディアは、納品時にご返却いたします)。